ルネサンス絵画のようなG7の写真から見る周りと揉めまくるアメリカについて トランプツイートまとめ

 まるで歴史教科書ののような

ある画像がtwitter上で話題になりました

現在行われているG7での一幕だそうです

G7とは
G7サミットはカナダ、米国、英国、フランス、イタリア、日本、ドイツの7カ国が年1回開催する首脳会議。参加7カ国の総資産を合計すると、世界の総資産の60%以上を占める。 

主要な議題は経済だが、現在では主要な国際問題も常に議題として話し合われるようになっている。

今回のサミットはカナダのケベック州シャルルボワにあるラ・マルベイの町で開催されている。

G7サミット開幕 トランプ氏、貿易問題とロシア処遇めぐり孤立 - BBCニュース

写真を見ますと向かって右側には憮然とした表情で腕を組むトランプ大統領、その横のちょび髭はジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)安全保障を理由とした関税の後押し役でもあります。

対峙しているのは水色の服のアンゲラ・メルケル独首相エマニュエル・マクロン仏大統領、見切れているが左上テリーザ・メイ英首相

間に立っているのはもちろん安倍首相です

フランスマクロン大統領のツイート

周りは側近とかでぎっしぎしですね

物々しい雰囲気です

かなり白熱した議論が行われたようです 

 

もめた理由はいくつかあったようです(すべてトランプが原因)

EUともめる(鉄鋼への課税に対しての報復関税)

私はカナダで行われる対話の為のG7に向かっているところだ。そしてそれは長年の米国に対して適用されてきた不公平な貿易についての議論が中心になる予定だ。そしてそこから北朝鮮の非核化に関しての交渉の為シンガポールへ向かう予定だ。でっち上げのロシア疑惑に関しての魔女狩りに関しては少しもしゃべるつもりは無い!

I am heading for Canada and the G-7 for talks that will mostly center on the long time unfair trade practiced against the United States. From there I go to Singapore and talks with North Korea on Denuclearization. Won’t be talking about the Russian Witch Hunt Hoax for a while!

トランプ米大統領は9日、日米欧7カ国(G7)首脳会議(シャルルボワ・サミット)を途中退出後に記者会見し、「貿易が最も重要な議題となった。各国に公正で互恵的な貿易を要求した」と語った。同時に「米国は何十年も貿易で他国につけ込まれてきた」との強い不満を表明し、巨額赤字を出している状況を「受け入れられない」とも訴えた。

巨額の貿易赤字「受け入れられない」トランプ大統領 :日本経済新聞

6月1日より鉄鋼・アルミニウム輸入関税を発動させるとの米国の発表を受け、欧州連合(EU)とカナダの報復関税計画を表明したことに関連する議論が行われたようです

EUは速やかに報復措置を取ると表明。メキシコは平鋼やチーズなどあらゆる米国製品に関税を課すと発表し、カナダは鉄鋼とアルミニウムなど最大166億カナダ・ドル(約1兆3900億円)相当の米国製品に7月1日から関税を課すとした。EUとカナダ、メキシコは制裁措置の規模について、米輸入関税と同程度とすると説明している。米鉄鋼輸入全体に占めるEUとカナダ、メキシコの比率は合わせて約40%。

EU・カナダ・メキシコが報復措置、米鉄鋼・アルミ関税発動で - Bloomberg

自分から国際貿易ルールに反するケンカを仕掛けておいて仕返しされたら文句言うという何ともあきれてしまう相変わらずなトランプさんです

そのトランプさんは12日のシンガポールでの北朝鮮との会合の為、先んじてカナダを出ましたがまだ言い足りないのかTwitterで永遠とそののことをつぶやいていました

美しいカナダでのG7サミットから離れるところだ。6ヶ国のリーダーと良い会合と関係を気づくことが出来た。特に私が米国に対して巨大な関税や強固な貿易障壁を適用させることを許可することが出来ないということを彼らに認識させることが出来たからだ。彼らは私がどこから来たか(注:不公正な貿易慣行に苦しめられた米国人たちを代表して?)十分に理解している。何十年もかかったが公平で互恵的な貿易が始まるのだ。

Just left the @G7 Summit in beautiful Canada. Great meetings and relationships with the six Country Leaders especially since they know I cannot allow them to apply large Tariffs and strong barriers to U.S.A. Trade. They fully understand where I am coming from. After many decades, fair and reciprocal Trade will happen!

米国は他の国が巨額な関税や貿易障壁を農家や労働者や企業に対して課すことを許可しない。一方で彼らの製品を無関税で私たちの国に送っている。私たちは何十年も「貿易虐待」に耐えてきた。そしてそれはもうたくさんだ。

The United States will not allow other countries to impose massive Tariffs and Trade Barriers on its farmers, workers and companies. While sending their product into our country tax free. We have put up with Trade Abuse for many decades — and that is long enough. 

とてもGreat Meeting(素晴らしい会合)にはとても見えない険悪な感じでしたがあの人の頭の中ではそうなっている様です

他国の立場とかどこ吹く風、振りきれたアメリカ第一主義を突き進む姿勢はある意味潔いのかもしれませんがこれでアメリカを尊敬される国へとか真面目に言っちゃえるのがすごいですよね

アメリカの有権者の意見をお聞きしたいところです

カナダともめる

ニュースコンファレンスにおけるジャスティンのウソの声明と、カナダが巨額の関税をアメリカの農家と労働者と企業に課しているという事実に基づき、私は共和党員に宣言を承認しないように指示した。米国に洪水のように流れ込む自動車に対しての関税を視野に入れてのことである。

Based on Justin’s false statements at his news conference, and the fact that Canada is charging massive Tariffs to our U.S. farmers, workers and companies, I have instructed our U.S. Reps not to endorse the Communique as we look at Tariffs on automobiles flooding the U.S. Market!

カナダのジャスティン・トルドー首相はG7のミーティング中、とてもおとなしく穏やかに振舞っていたが、私が会場を後にした後、「アメリカの関税は侮辱的だ」「振り回されてはいけない」と発言した。とても不誠実で貧弱だ。私たちの関税はカナダの270%の乳製品への関税に対抗したものだ!

PM Justin Trudeau of Canada acted so meek and mild during our @G7 meetings only to give a news conference after I left saying that, “US Tariffs were kind of insulting” and he “will not be pushed around.” Very dishonest & weak. Our Tariffs are in response to his of 270% on dairy!

EUと同じく鉄鋼関税を課されているカナダのトルドー首相は「米国の関税押しつけは侮辱的だ。我々は断固たる対応を取る」と説明したそうですが、自分のいないところで言われてことが気にくわないらしくプンプンの模様

と言っても「ウソの声明(false statements)」「とても不誠実で貧弱(Very dishonest & weak)」という言葉を一国のトップに向かって放つのはどうかと思いますが

怒りが収まらないのか「保護主義に対抗する」という旨を盛り込んだ首脳宣言を承認しないという議長国カナダのメンツをつぶすようなことをしでかします

五転六転したG7会議 トランプ氏、3時間で首脳宣言反故 (写真=ロイター) :日本経済新聞

ロシアのG7復帰を提案してもめる

トランプ米大統領は8日、日米欧の主要7カ国(G7)首脳会議の枠組みにロシアを復帰させるべきだと主張した。G7は2014年のロシアによるウクライナ・クリミア半島併合を受けて当時の主要8カ国(G8)からロシアを追放した経緯があり、欧州諸国に反発が広がった。貿易問題で対立が深まる主要国首脳会議(シャルルボワ・サミット)で、新たな火種が加わった形だ。

「G7にロシア復帰を」 トランプ氏発言に欧州反発 (写真=AP) :日本経済新聞

英国におけるスパイ暗殺未遂など西側諸国と軋轢のあるロシアをG8に復帰させるべきという爆弾投下。ロシアとの癒着を散々騒がれているのに平気でこんな話題を投入できる神経の太さには恐れ入ります。一説には鉄鋼関税の批判をそらす意図があるのではとの見方もあるようですが、追放原因が未だに解決していないのに何考えてんでしょうかね

所感

政治にはあまり詳しくないですし様々な見方があるとは思いますが、米国はあまりに協調性が無さすぎるような気がします。

デカい声で好き勝手に振舞って自分がクラスの中心人物と勘違いしているやつみたい

こんなのはリーダーシップではなく横暴だと思う…

日本の安倍首相も横で構えているだけじゃなくて対抗してほしいと思います

鉄鋼課税既に課されていますからね。私たちも

私はシンガポールへ向かっている途中である。そこで私たちは北朝鮮と世界にとって真に素晴らしい結果を得る機会を持つことになっている。それは間違いなくわくわくする日になるであろうし、私は金正恩が今までほとんど行われることのなかった、彼の国の平和の創造と、大いなる繁栄の為になることに力を尽くすだろうと考えている。

私は彼に会うことが楽しみでこの一度きりの機会を無駄にしたくないという気持ちだ。

I am on my way to Singapore where we have a chance to achieve a truly wonderful result for North Korea and the World. It will certainly be an exciting day and I know that Kim Jong-un will work very hard to do something that has rarely been done before Create peace and great prosperity for his land. I look forward to meeting him and have a feeling that this one-time opportunity will not be wasted!

北朝鮮と何を話すことやら

多分非核化の枠組みだけ決めて、細かい事とか費用とか他国にぶん投げると予想

まとめ

・後世の歴史学者はこの写真をどう使うのか

・G7は米国のわがままを聞き取る場所じゃない

・日本は友達を選ぶべき

 

ではでは