Balenciaga(バレンシアガ)のシャツが飛ばし過ぎな件 2017秋コレクション

ファッションについて

この頃天気は晴れないですが気温が上昇したせいか、服装だけは周囲も夏めいてきました

職場の女の子は早くもノンスリーブのブラウスで来ている子もいました

真夏を控えた5月からそんなに飛ばしていてどうなるのだろうか

7月にはブラとかで来るのだろうか

何にせよ大変いい傾向であるいや全然見ていませんよ全然

 

ここもと服を全然買わなくなってしまいました

ブランド品なんか何年買っていないことか

節約しようと思ったときに真っ先に削るのが服飾費

正直私服なんて土日しか着ないですからね。デートが無ければなおのこと必要ない

 

それはそれで人生いいのかという点には目をつむろうと思う

 

元金融マンの性か、ものを買うときについ手数料率を考えてしまします

元トレーダーのブロガーさん確かこんなことを言っていました

「ブランドアクセサリーは売りと買いの差(売買のスプレッド)が50%以上開いていて買った瞬間にその価値は50%以上減ってしまう。全く割に合わない。こんなの買うやつは死んだほうがいい」

死んだほうがいいかはさておき売買を頻繁に行うトレーダーらしい言葉だと思います

またファッションはその原材料に加え、原価が見えないデザイン料というものが入り込みますのでなかなか適正価格というものが難しい

 デザインとファッションとは?

そんなファッションとは?という根源的な問題に一石を投じるような試みを行ったブランドがありましたのでご紹介します

スペイン発のブランド

ファッションに死ぬほど疎い私でも一度は聞いたことがある

バレンシアガ (Balenciaga)その2017年秋コレクションより

「T-シャツ」シャツ

f:id:sumatratora:20180529213456p:plain

 

f:id:sumatratora:20180529213903p:plain

Men's Indigo T Shirt Shirt | Balenciaga

T-SHIRT SHIRTというまんまなネーミング

何のギャグだろうというデザイン

モデルの「俺何してんのやろ…」感もいいですね!

ちゃんと売っていてお値段強気の

£ 935(約13万5,174円

 

お金の使い方に困った方の使い方としてはいいのではないでしょうか

このツイートのコメントには

「バレンシアガのデザイナーは頭逝っちまったのではないか」

「もう一つのシャツは守護天使(Guardian angel)用では?」

などと多くの反響のコメントが寄せられています

トバしているバレンシアガ

 crocsとのコラボサンダル

850ドル(約93,000円)

田舎のドン○ホーテでこういうバッチ付いたサンダル履いてる人いたわ…

あれ似

2,145ドル(約23万3,686円)

IKEAで買い物したときに貰えるショッピングバックにそっくり

IKEAのは99セントなので今の為替で110円くらいですね

2000倍超か…

日本の伊勢丹限定商品

hypebeast.com

670ドル(約72,993円)

便所サ…(自主規制)

 

デザインという価値

いやはやデザイナーに考えたときの心境をお聞きしたいですね

画家のピカソも初期はものすごい写実的な作品を描いていて、次の段階として抽象的な、ある意味ではヘタともとられる作風に変化したと聞きますが、服のデザインもそんな一周回って深い感性からでる表現みたいなところもあるのでしょうか

 

知らんけど

 

たぶん半分以上は広告効果でしょう

個人的には泥酔の悪ノリの産物と予想

 

まとめ

・満員電車の汗しっとりおじさんも増える

・常識を飛び越える勇気を

・ハイになるのもほどほどに

 

ではでは