口座開設が殺到!!便利でイケてるチャレンジャーバンク「Monzo bank(モンゾバンク)」について

口座開設の話

証券会社においても口座開設というのは銀行とほぼ変わりません

銀行口座と違って公共料金の支払いとか送金とかはできませんが、資金を預かってカードで引き出しができる口座なので、マネロンとかうるさい昨今、厳格に手続きを行います

新入社員のお仕事はまず何より新規口座の獲得なのでどれだけ口座開設用紙をかき集められるかの勝負になります。よって一番初めに教え込まれる事務手続きになります

これが書くほうもめんどくさいですが書かせるほうもほんとにめんどくさい

氏名、住所などの基本情報に加え、インサイダー取引のこともあるので職業、会社名、役職、会社所在地、投資目的等々項目は数限りなく、複写の口座開設用紙に記入させられます

もちろん印鑑はマスト

最後の最後の押印の際に朱肉付けすぎで滲んじゃって書き直し、なんてのもありました

めんどくさいからやっぱ(開設)やめるわなんてお客さんもしばしば

何とかなだめすかして書いてもらいます

お年寄りとかよく書く場所を間違えるので予備の用紙を複数枚持っていくのは当たり前

 

苦労して書いて貰ってからもまた大変です

支店の事務方の人に処理してもらうのですが、私の経験上営業とは違うベクトルでヤバい奴が多い(偏見)

文字が薄い、読めない等々難癖をつけて罵倒付きで跳ね返されます(まあ私も悪いんですけど)その都度(自分で修正したらコンプラで処罰)修正の為再度アポを取ってお客様のところに向かいます

めんどくさがられますが私ももっとめんどくさい

新規開拓が大変なわけです

 

銀行も同じくらい手間をかけて口座開設していると思いますが、昨今の低金利と運用難で苦労して口座を開いて貰ってもそれに見合うだけの採算が取れないという理由から「口座維持手数料」の導入が検討されてきています

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3メガバンクが、銀行口座の維持にかかる費用を手数料として預金者から徴収できるか検討を始めたことが30日、分かった。日銀のマイナス金利政策で銀行が利益を出しにくくなったことが最大の要因で、本格導入は国内銀行で初めて。平成30年度中にも結論を出す考えだ。

3メガ銀が「口座維持手数料」検討へ マイナス金利で苦境、30年度中にも結論(1/2ページ) - 産経ニュース

 

やはり人を使って積極的に口座を獲得する時代ではなくなってきているのかもしれません

三菱UFJではお店自体削減する計画を打ち出しています

日本経済新聞の報道によると、三菱UFJフィナンシャル・グループは、2023年度までに窓口のある店舗を半減する計画を進めています。

現在、窓口のある店舗は500店を超えていますが、同一地域の重複出店や来店者数の減少が著しい店舗を中心に統廃合を進め、3年後には400店程度に、5年後には250店程度まで店舗数を削減します。すでに昨年から三菱UFJは窓口の縮小などを進めており、これまで街の目印でもあった銀行名の看板も相当数が撤去されました。一連の統廃合や自然減などによって、支店の人員は3000人ほど減少する見込みです。

三菱UFJが2023年度までに店舗半減を計画 人員は3千人ほど減少の見込み - ライブドアニュース

銀行自体のビジネスが大きく変わろうとしている転換点なのかもしれません

以前アメリカの次世代の変わった店舗をご紹介させて頂きましたが 

www.lightnotereport.com

銀行の次世代の形ということで一つご紹介させてください

順番待ちをしてまで開設したいユーザーフレンドリーな銀行Monzo bank(モンゾバンク)

f:id:sumatratora:20180513135232p:plain

Monzo – It's time for a new kind of bank

Monzo bankというイギリスの銀行です

いわゆるネットバンクに近いですがこちらは完全にスマホ専用銀行

パソコンではなくてスマホ利用に最適化された仕様になっています

既存の金融機関に挑戦するような銀行ということでチャレンジャーバンクとも呼ばれる新興金融機関の一つです

 Image result for monzo card

口座開設が殺到!!

もともとプリペイド式のデビットカードから始まり2017年4月に銀行免許を取得した新しい銀行ですが、既に預金口座顧客は50万人、まだまだ開設申し込みが殺到していて、66000人、6週間の開設待ちになるような状況だそうです(ソース:Is Monzo the Facebook of banking? | Technology | The Guardian)

人気ぶりを表すエピソードは他にもあって2016年3月にクラウドファンディング(ネットでのプロジェクトに対しての広く資金調達を募る方法)で100万ポンド(約1億4,812万円)をわずか96秒で調達。今までで最速のクラウドファンディングキャンペーンそう

 

半分のユーザーは30歳未満と特に若い世代に人気のこの銀行

他の銀行よりも多くの金利が付くわけではないのになぜこんなに人気なのか

他の銀行と異なる点について三つほどあげてみたいと思います

Monzo bankのここがすごい!

家計簿機能搭載

銀行口座が付く前のデビットカードからの機能ですが、カードの支払い明細が使ったその瞬間に自動で食費や服飾費などの項目に自動的に仕分けしてアプリで管理できる機能が搭載されています。いわゆる日本のマネーフォワードとかと同じPFM(個人資産管理)機能です

f:id:sumatratora:20180513153858p:plain

月別の目標を設定して日々の支出を自動仕分け、あとどれくらいまで使えるか一目でわかるように表示し、もし使い過ぎているようであったら通知を出してくれます

マネーフォワードとかだと有料会員とかでないと使い物にならないですが、こちらは年会費等々かからず口座だけあれば使用できるようです。これは節約に効く。うらやましい

海外利用の手数料ゼロ

海外旅行の際クレジットカードを利用することも多いと思いますが、円建ての請求の際に大体1~2%程度手数料がプラスされてしまします

海外利用時の事務手数料一覧

しかしこのMonzoカードの場合、海外使用の手数料ゼロ

また海外での現金の引き出しもひと月200ポンド(約3万円)までは無料で引き出し可能(それ以上は3%の手数料)とのこと 

またカードを失くしたらアプリでストップすることができ、翌日には新しいカードを受け取れ、見つけたら再使用も可能とのこと

海外旅行好きとって魅力的なカードと言えると思います 

送金が簡単

www.youtube.com

動画のようにBluetooth(近距離無線通信)で送金可能で、他の送金アプリにあるような電話番号等々の情報は不要とのこと

そんなことできるの?って感じですね

画期的なサービスを生み出す「コミュニティ」の力

以上のように様々な銀行の常識を覆すようなサービスを提供しているMonzoですがそれを支えているのがユーザー参加型のコミュニティにあるようで、そもそもMonzoという社名自体ユーザー公募で決めたという徹底ぶり

 

MonzoのユーザーはMonzoが運営するオンラインコミュニティやMonzoのツイッターアカウントに自分の希望や要望を投稿することができます

f:id:sumatratora:20180513155948p:plain

新機能の情報も随時公開され、さらにそれにユーザーがコメントするようなまさにユーザーと作り上げていくようなサービスになっていて、それが熱狂的な人気を集めている理由の一つであると思われます。HPには以下のような文章がありました

私たちはプロダクトを売ることじゃなく、一緒に問題を解決することに重きを置いています

 こんな銀行だったら自分も参加してみたい気持ちになりますよね

 

背景事情

このような画期的な銀行が生まれた背景には、イギリスの銀行は五大銀行(Lloyds, Barclays, HSBC, the UK arm of Santander,Royal Bank of Scotland)が個人口座の80%以上を占めるような大銀行の寡占という事情があるようです

競争に晒されてこなかったこれらの銀行はサービスも悪く、顧客満足度の低い状態が継続していた様です

私たちは全く異なった方法で事業を運営しています。銀行業は長らく鈍感で、複雑で、不透明でした。

私たちはそれを変え、皆さんで、皆さんの為の銀行を作り上げたいと思っています(Monzo bank HPより)

We're doing things differently. For too long, banking has been obtuse, complex and opaque.

We want to change that and build a bank with everyone, for everyone.

大銀行の寡占という状況は日本も同様のように思います 

今後日本でもチャレンジャーバンクが生まれるのではないかと期待しています

出来れば私も何かしら関わりたいな…

 

補足:Atom bankについて

チャレンジャーバンクと言えばAtom bankが有名です

f:id:sumatratora:20180513092727p:plain

Atom bank

チャレンジャーバンクの先駆けとして書籍などでも言及されるほど有名なんですが、AppStoreでの評価が5点中2.7点と微妙なところと(Monzoは4.6点)後発のMonzoに口座数で抜かれちゃっている模様なので途中までまとめましたが変更しました

ご参考までに載せておきます

概要

・2014年英国で創業、2016年サービス提供開始

・iphoneとSamsungなど一部端末しか対応していない徹底したスマホ銀行

口座開設は完全ペーパーレス。数タップで開設可能

・現在時点で13億ポンド(約1,925億6,406万円)の預金

・ミレニアル世代(18歳~34歳)をメインターゲット

・スペイン第二位の銀行BBVAから1億4900万ポンド(約220億7,080万円)の出資

・時価総額は推定で4億2800万ポンド(約633億9,801万5,109円)

UK’s Atom Bank raises another $206M led by BBVA for millennial and SMB financial services – TechCrunch

十分すごいんですけどね、チャレンジャーバンクの敵はチャレンジャーバンクということでしょうか

 

参考サイト

Monzo – It's time for a new kind of bank

Is Monzo the Facebook of banking? | Technology | The Guardian

Monzo, the U.K. challenger bank, now lets you pay ‘Nearby Friends’ – TechCrunch

 

まとめ

・印鑑とかいまどきほんと意味わからん

・銀行店舗はこれからどんどん減る

・イケてるプロダクトは売り込まなくても勝手に売れる

・使ってワクワクするサービスを

 

ではでは