中国メーカーのスマホが使用できなくなる? 新たな米中貿易戦争の火種 中華スマホ(ファーウェイ、ZTE)のバックドア問題について

iPhoneとAndroid

諸事情ありまして私はiPhoneとAndroid両方とも持っています

メインはAndroidなのですがiPhoneもいいところもあり一長一短という感じです

慣れればどってことないですが初めは以下二つの違いに戸惑いました

違い①Androidにある戻るボタンがiPhoneにはない

iPhoneは画面端大きくスワイプするような形で戻ります

個人的には直観的と言えば聞こえはいいですが戻るボタンのほうが便利に感じました

違い②Androidで画面上をスワイプすると出てくるステータスバーがない

設定の問題なのかもしれませんがここは戸惑いました

ちょっとした設定を変えたい時にはシャッと出てくるAndroidのほうがやりやすいなーとは感じます

 

Androidのほうが使用が長く、使い慣れているので慣れの問題ですが、動作面ではiPhoneのほうがキビキビ間、画面の切り替わりの速さ、指紋認証の速さなどでは全然上でした

最近の私のAndroidの指紋認証は若干ガタが来ていて

「お前誰?ちょ、触んな不審者(バイブ)」

「ちょ、おまえいい加減に…あ、ご主人様か~」

くらいの認証のタイムラグが発生します

資源回収に出して東京オリンピックのメダルにしてやろうか

そろそろ機種変の時期かもしれません

そんな中入ってきたこのニュース

米、中国大手2社の通信機器 調達禁止へ (写真=ロイター) :日本経済新聞

米連邦通信委員会(FCC)は17日、国内の通信会社に対し、安全保障上の懸念がある外国企業から通信機器を調達するのを禁じる方針を決めた。対象企業は今後詰めるが、華為技術(ファーウェイ)中興通訊(ZTE)の中国大手2社を念頭に置く。中国政府のスパイ活動に使われることを警戒する。激しい貿易摩擦を抱える米中の新たな火種となりそうだ。

はっきり言います。私のスマホファーウェイ(Huawai)です

やばし

要旨は以下

・FCC(米の通信規制当局)が新規制導入

・補助金貰っている通信会社が、安保上の懸念がある外国企業の製品の購入を禁止 

・具体的に対象は「華為技術と中興通訊の2社」

・安い中国製品を使っている地方の中小通信会社が影響を受ける

・規制理由として「通信機器に仕掛けたバックドア(裏口)を使ってウイルスを侵入させ、米国人から情報を取ったり基幹インフラを攻撃したりできる」という疑いから

実はこの話今に始まった話ではなくて、以前から噂はありました

記事中にもありますが

・既に米議会は2012年、2社の通信機器が中国政府のスパイ活動に使われる恐れがあるため米国企業に使わないよう求めている

・国防総省は既に2社からの調達禁止

などアメリカは既に中華系2社からの調達を締め出しています

イギリスも追従していますね

イギリスのサイバーセキュリティ当局はイギリスの携帯キャリアにZTEの機器やサービスを使わないよう警告している。理由として潜在的な中国当局がZTEに通信インフラに侵入もしくは破壊できるように強制する可能性を懸念してのものである。

British cybersecurity officials warned U.K. phone carriers to stay clear of ZTE’s equipment and services, citing concern about the potential that Beijing could force the company to help it infiltrate or sabotage telecoms infrastructure.

U.S., Britain Issue Warnings Over Chinese Telecom Equipment Maker ZTE - WSJ

実際のところどうなのか、まとめてみました

ファーウェイ(Huawei)とZTEの「バックドア」問題について

まずは二社の簡単な概要から

Huawei(ファーウェイ)とは

ファーウェイのここがすごい

シェア

「なにその聞いたことない企業、だっさ」

と思われるかたも、もしかしたらいるかもしれませんが(もういないですかね…)

スマートフォンにおいては、出荷台数・シェアともにサムスン(ギャラクシー)、アップル(iphone)に次ぐ堂々世界3位

f:id:sumatratora:20180419045757p:plain

Counterpoint Posts Q3 2017 Market Stats For All Regions; Xiaomi Is Fastest Growing Brand! - Gizmochina

無線インフラのシェアはエリクソンを抜いて世界1位

f:id:sumatratora:20180419041854p:plain

米、中国大手2社の通信機器 調達禁止へ (写真=ロイター) :日本経済新聞

世界トップ50事業者のうち45社がファーウェイの製品・ソリューションを使用

基地局とかの通信設備の納入もしているようなので間接的にファーウェイのお世話になっている人も多いはず

研究開発がすごい

中国企業なんて日本とアメリカのパクりばっかでしょ?というのは以前の話

今は違います

毎年、売上高の10%以上を継続して研究開発に投資するなど、先端技術開発への投資が旺盛な企業として知られている。2015年時点で、全従業員数の45%にあたる約79,000人の従業員がR&Dに従事しており、2015年のR&Dへの投資額は合計596億700万人民元(約1兆1,057億985万円にのぼった。

2008年に初めて国際特許出願件数世界1位になると、その後は5位以内をキープし続けている

華為技術 - Wikipedia

とんでもない技術重視企業だと分かります

昨年新卒の技術者を

学士卒で40万1000円、修士修了で43万円を提示したことで話題になりました。

※参考:ソニー「大卒21万8000円、修士卒25万1000円」(16年実績)

17年12月期売上高:約6036億元(約10兆2600億円)

中国通信機器ファーウェイ・ZTE 米制裁で打撃必至 :日本経済新聞

富士通とNECの合計をもう超えています

今や優秀な理系は中国企業も選ぶ時代です

製品の特徴

個人的な主観で言えば、機能がいいのに価格が安いにつきます

要はコスパが抜群にいいです

HUAWEI P10(ファーウェイ)とiPhone 7(アップル)のスペックを比較すると、重さはほとんど変わらないにもかかわらず、画素数・バッテリー容量ともにHUAWEI P10がiPhone 7を凌ぐ。その上、iPhone 7の価格が10万円前後なのに対しHUAWEI P10は「6万円前後」となっており、ファーウェイのスマートフォンはコストパフォーマンスに優れているといえる。

  HUAWEI P10 iPhone 7
重さ 145g 138g
画素数 3200万 1200万
画面 5.1インチ 4.7インチ
バッテリー 3200mAh 1960mAh

華為技術 - Wikipedia

特にカメラ機能に対しての力の入れようは尋常じゃなく、

最新機種のP20では

・iphoneXを意識したフレームレスデザイン

・機能の違う三種類のカメラで一眼レフに近い解像度

・AIで画像補正、手振れ知らず

・iphoneXより価格は2万近く低い見込み

HUAWEI P20 Pro Smartphone | Android Phones | HUAWEI Global

見た目もカッコいいですね。インスタグラマーにはiPhoneのカメラに文句言う人もいるようですからいい競争をするかもしれません

ZTEとは

製品の特徴

こちらもファーウェイと製品的な特徴は似ていて

かなりコスパのいい端末を販売する企業という印象でした

ファーウェイの端末を買う際も比較対象として検討するほど価格の割には性能では大手企業と引けを取らない品質のものを出しています

docomoとよく協業していて、2万円台の格安スマホ「MONO」

f:id:sumatratora:20180419043445p:plain

価格.com - ドコモ、シンプルデザインの5型スマホ「MONO MO-01K」を11/30発売

最近では「二画面スマホ」の発表で話題になりました

こちらもドコモとの協業です

f:id:sumatratora:20180419043211p:plain

「AXON M」は、ZTEとNTTドコモが共同開発したAndroidスマートフォン。日本ではドコモから「M Z-01K」として2月上旬に発売される予定。また、欧州市場では現地キャリアを通して販売される。

ZTE、2画面スマホ「AXON M」を中国で発売 - ケータイ Watch

業績規模

ファーウェイと比べたら見劣りしますが

17年12月期の売上高約1088億元。(約1兆8162億円)

昨年のシャープの売上高が約2兆500億円くらいなのでやや劣るくらい

ファーウェイとの違い
所有の違い

ファーウェイは中国人民解放軍の出身者が設立した非上場の民間企業

なのに対してZTEは国有企業という点

両方とも中国政府と距離が近いという点は変わらないですが

売上構成比の違い

ZTEの売上高に占める欧米向けの比率は25%で、通信機器の部品の3割近くを米企業から調達、一方ファーウェイの海外販売は米州が1割強、欧州(中東、アフリカ含む)が3割近くを占めています

つまりZTEはアメリカにやや依存

ファーウェイはヨーロッパ・アジア寄りというイメージのようです

特にZTEはアメリカの中小ケータイキャリアに強いようです(下図の真ん中)

Q2 2017: USA Market Back to Growth as Smartphone Shipments Jump 14% YoY - Counterpoint Research

 

地域ごとのシェア

左の北米(North America)でZTEは第4位(11%)のシェアを取っています

f:id:sumatratora:20180419045154p:plain

Counterpoint Posts Q3 2017 Market Stats For All Regions; Xiaomi Is Fastest Growing Brand! - Gizmochina

二社のバックドア疑惑について

バックドアとは?

バックドアとは、コンピュータに設けられた通信経路のうち、正規の経路や手段を経ずにシステムへ侵入するために設けられる接続経路のことである。

バックドアとは - 情報セキュリティ用語 Weblio辞書

まさにバックドア(裏口)ですね知らない間にスマホの情報を外部に知られてしまうというリスクのあるシステムのこと

ファーウェイ、ZTEは否定しています

[ZTEジャパン] 11月16日の一部報道に関して - ZTE Japan

まあただ中国と言えばネットの検閲も平気でやってくる人権なにそれ?国家ですから疑われてもしょうがない気もします

もっともロシアの情報セキュリティー会社、カスペルスキー研究所のウイルス対策ソフトとか、アメリカAppleなんかもバックドアを入れているのではないかと噂されていますからお互い様な感じもします

ZTEがピンチ!

冒頭のニュースは「調達(購入)」するのを禁止しただけなので、最悪市場を失うだけで済みますが、中興通訊(ZTE)は4月16日に米企業との取引を禁止させられました

ZTEの禁輸破り騒動
問題発覚:2016年3月

疑惑:米国からイランや北朝鮮向けの禁輸措置に、ZTEが違反した疑い

結果:

ZTEは17年3月に10~16年に米国からイランなどに通信機器を輸出した不正を認め、米国に11億9000万ドル(約1300億円)の罰金を支払うことで双方が合意

しかしそれでは収まらず、商務省は16日にイランや北朝鮮に米国製品を輸出していたZTEが、米政府に虚偽の説明を繰り返していたと認定。米企業との取引を7年間禁じる命令を出した。

ロス商務長官は「ZTEは商務省をだました。極めて悪質な行いは無視できない」との声明を発表。

長官めっちゃ怒っていますね

米国企業と取引できないということは市場を失うことのみならず、米国のハイテク企業からの部品購入もできないということ。これは相当厳しい。締め出しているというより潰しに来ている

ZTEスマホが機能しなくなる?

更にスマホのOSのAndroidも米国のGoogleのサービスなので機能が一部使えなくなる可能性が指摘されています

Android自体はオープンソースのため、この使用を禁じられることはないものと考えられます。ただし、問題となるのはGoogleのサービスです。GMS(Google Mobile Service)と呼ばれる、Google Playなどを含む一連のGoogleアプリ・サービスは、Googleが認可した端末にしかインストールが出来ません。このため、ZTEはAndroid端末を製造できても、GMSを入れられないのではないかとの懸念があります。

ZTE、Androidのライセンスを失う可能性も。Googleと協議中との報道 - Engadget 日本版

そうなったら他の市場でもZTEはスマホが販売できなくなります

果たしてアメリカがそこまでやるのかどうか

アメリカが中国を締め出す背景

ご存知のトランプ大統領が中国との貿易赤字を敵視していることも当然この締め出しの背景にあるようですが、次世代通信システム「5G」の覇権争いも背景にあるようです。

「5G(Fifth Generaiton、第5世代移動通信システム)」は、
現在規格の検討が進められている次世代の通信システムです。
2020年代にはあらゆるモノがネットワークにつながる時代が来ると言われています。
過去にインターネットが普及したとき以上の変革が起きるとも予想されており、その新たな社会を実現させるために必要不可欠な通信技術として
5Gへの期待が高まっています

SoftBank 5G | 特集 | モバイル | ソフトバンク

中国企業は今や世界トップクラスの研究開発費をかけていて、ファーウェイは5Gで主要特許の1割を握っていると言われています

先を越されないよう妨害する意味合いもあるのでは?と噂されています

ただでさえここもとギクシャクしている米中関係ですが、

この問題が新たな貿易戦争の火種になりかねないだけに注目です

まとめ

・コスパはAndroidのが上だがモテるのは圧倒的にiPhone

・やりがいよりも初任給40万

・重要情報は一周回って紙保存が一番かも

・世界の覇権争いに名前も出ない日本

 

ではでは

 

 注:記事内容に関して、正確性保持のため細心の努力をしておりますが、本サイトの投稿する情報を参考にした行動に関して一切の責任を負うものではありません