炎上トランプタワーと大統領のノーリスクビジネスについて ライセンスビジネス

炎上芸人

週末海外メディアでは大きく取り上げられていました

www.nikkei.com

トランプ米大統領の自宅があるニューヨーク中心部のトランプタワーで7日夕、火事が発生し男性1人が死亡した。消防士4人も負傷した。原因は不明。大統領は不在だった。ビルからは黒煙が上がり、現場付近は厳戒態勢となった。

炎上発言では飽き足らず、自身の自宅も物理的に燃やしてしまうとは恐れ入ります

不謹慎ですね、すみません。火元の部屋で画商の67歳の男性1人が重傷となり病院に搬送、その後死亡しています。負傷した消防士も6人に増えました

NY消防局のTwitter

かなり炎も出て、何かものも地上に落下していて危険な状態だったと分かります

火災に際し、大統領もコメントを出しています

トランプタワーでの火災は消えた。とても限定的である(よくできた建物だ)消防士たちはとてもいい仕事をした。ありがとう!

このツイートだけとってみても

・火が完全に消える前にツイート

・死亡者、負傷者が発生しているのに関わらず、とても限定的と表現

・消防士のねぎらいより先に自分の建物の自慢

という点から早速炎上しているようです。さすがです

負傷者より自分の不動産の価値の下落のほうが気がかりなんでしょうか

「よくできた建物」らしいですが、上層階にはスプリンクラー装置が設置されていないそうで、1月にも火災が発生しています

Fire Breaks Out On Roof Of Trump Tower In Midtown « CBS New York

死亡した方のマンションの評価額は約2億6,758万円($2.5 million)とのことですが、安全性はその金額には入っていなかったようです

Who Was Todd Brassner? Trump Tower Fire Victim Loved Art, Fast Cars and Electric Guitars

悪口はこれくらいにして、この前アメリカで二年間働いていた人と飲んでいたのですが、その中でトランプ大統領の話になり、その人曰く

「トランプは自分の名前を貸し出して儲けている」 

とのこと

気になって 調べてみましたらNYマンハッタンには「トランプ」と名前が付いた不動産は計17棟あるらしいですが、トランプ大統領の会社「トランプ・オーガニゼーション」が所有しているの不動産はわずか5つだけだそうです

Donald Trump's Real Secret To Riches: Create A Brand And License It

これはまたなんか面白そうだと思いましたのでまとめました

トランプは本当に「不動産王」?

どれくらいの不動産を実際保有しているのか。

2014年には彼は87億ドルの資産があり、33億ドルは不動産取引(ブランド事業、ブランドでの開発)から来ていると主張していた。ニュースメディアのブルームバーグはそれに対してトランプの総資産を29億ドルと試算している。しかしその資産は実際に保有している不動産を主として考慮したものである。トランプのライセンス事業の価値を3200万ドルから5500万ドルと試算してる。

In 2014, he claimed a net worth of $8.7 billion, $3.3 billion of which came from “real estate deal, brand, and branded developments.” Bloomberg Politics, on the other hand, estimates Trump’s net worth at $2.9 billion, but it primarily takes into account the real estate he actually owns. Bloomberg’s report estimates Trump's licensing take at between $32 million and $55 million.

Donald Trump's Real Secret To Riches: Create A Brand And License It

大金持ちで不動産をたくさん持っていることは事実なのですが、収益の少なくない部分を自分の名前を貸し出す「ライセンス事業」 で稼いでいるようです

ライセンス事業について

2015年と2016年の資産開示をワシントンポスト紙が分析したところによると、トランプ大統領のラストネームは少なくとも50の異なるライセンスまたはマネジメントの取引に使われている。これらの取引は「トランプ」の名前を冠する不動産と結びついており、その契約は彼の会社に少なくとも5900万ドル(約63億1,421万円)の収益をもたらしている。

President Trump’s last name has been licensed to at least 50 different licensing or management deals according to a Washington Post analysis of his financial disclosures from 2015 and 2016. These deals are linked to properties that bear the Trump name — contracts that have earned his companies at least $59 million in revenue.

ライセンスまたはマネジメント取引のある不動産数及びその国

f:id:sumatratora:20180409223344p:plain

How Trump has made millions by selling his name - Washington Post

インドネシアではトランプは彼の名前を二つのプロジェクト(ラグジュアリーリゾート、ゴルフコース)に貸し出し、年間100万ドルから500万ドルの収入をもたらしている

In Indonesia, Trump has licensed his name to two projects — a luxury resort and a golf course — for which he earned between $1 million and $5 million each project, each year.

 名前を貸すだけで一物件当たり年間1億円以上ですか、これはアツい

トランプオーガニゼーションはその不動産のサイトの下のほうに、「この不動産は実際には別の会社が保有していて、「トランプ」の名前は単にリース(貸し出し)されたものです」という説明書きを常に設置している

The Trump Organization routinely places a disclaimer at the bottom of its property sites explaining that its listed properties are actually owned by a separate company and that the Trump named is merely leased.

何かあってもトランプ氏のせいではないですよと。この辺したたかですね

いつからこのようなビジネスを展開し始めたのか

2000年代半ば「The Apprentice(トランプ氏司会の人気番組)」が国民的大人気になったとき、ドナルド・トランプは自身の名前から更なる利益を得ようと商標申請を始めた。2012年には彼は「トランプステーキから「トランプアメリカンペールエール(ビールの名前)」豪華な不動産の正面への「トランプ」名など200以上の自分の名前を含んだ商標権を保有していた。

In the mid-2000s, when “The Apprentice” became a national sensation, Donald Trump started to file trademark applications to get more mileage from his name. As of 2012, he had over 200 trademark applications containing his own name, from Trump Steaks to Trump’s American Pale Ale to the Trump names on the front of luxury properties.

他にもトランプウォッカ、トランプメンズウェア、トランプホーム(照明ランプ)などにも名称を貸し出したそう。大半はうまくいかなかったようですが、自分で事業をしているわけでなく名前だけ貸しているだけなのでノーリスクで利益だけがっぽりという訳

それ(ライセンスの付与)は(そのブランドに見合うような不動産なりであった場合)簡単で、リスクが少なく、潤沢なキャッシュフロー(資金の流れ)をもたらすアイディアだった。何十年も不動産取引に携わってきたのち、トランプは開発ビジネスから手を引くことでリスクを最小化する方法を理解した。彼は他のデベロッパーにリスクを取らせ、彼らに自分の名前を貸し出し、ライセンスフィー徴収した。

It’s a low-effort, low-risk, high-reward cash flow proposition when the product matches the quality of the brand. After decades of over-leveraged development deals, Trump figured out how to minimize risk by getting out of the development business. He lets other developers risk their necks and loans them his name, riding his licensing fees to the bank.

生涯で4回も自己破産しているトランプですから、おそらくですが不動産取引のリスクと不確実性は嫌というほど身に染みていたはず。どこかのタイミングでこのノーリスクのビジネスモデルに気づいたのでしょう。これほどおいしい手はないと

大統領立候補も知名度向上を狙ったもので、本人も本気で当選する位は無かったと言われていましたよね

大統領選への立候補は息子のエリックの言葉によれば「(トランプブランドに)とてつもないポジティブなインパクトがあった」とのこと。

Running for president, in the words of Donald’s son Eric, “has had an immensely positive impact” on the brand.

負けても注目を浴びブランド価値の向上につなげることが出来る

そう考えると一見考え無しに見えて、相当したたかなビジネスマンだと言えると思います

ただまさか本当に当選するとは思っていたのでしょうか

個人的には後年回顧録でまた一儲けするとみています。。。

まとめ

・安全対策にお金を惜しむな

・キラキラブランドに騙されてはいけない

・苦難から得る学びは大きい

・自分にしかできないビジネスを

 

ではでは