マネックスGのコインチェック買収発表!!記者会見要旨と今後の展開ほか

コインチェック救済買収

コインチェックの件、今週大きな動きがありました

www.nikkei.com

マネックスグループ(8698)は6日、仮想通貨業者のコインチェック(東京・渋谷)を買収すると発表した。16日付で全株式を取得する。買収額は36億円。マネックスGは仮想通貨事業を成長分野と位置づけ、今回のコインチェック買収で本格参入する。

ネット証券大手マネックス証券を擁するマネックスGがコインチェックの株式を100%取得し完全子会社化することを発表しました

マネックス証券のプレスリリース

http://file.swcms.net/file/monexgroup/jp/news_release/auto_20180405405861/pdfFile.pdf

救済買収は以前より商社などのうわさがあったもののマネックスとは少し驚きました

でもよく考えたらネット証券はFX(外国為替証拠金取引)事業をやっていたり、最大手のSBI証券なんかでは仮想通貨マイニング事業への進出、仮想通貨Rippleを使用した送金基盤の開発など仮想通貨事業に注力してきていることも考えると、業務的には相性が良さそうです

www.businessinsider.jp

マネックス、コインチェック共同記者会見要旨

昨日4月6日にマネックス、コインチェック双方の代表が出席したうえで、共同記者会見が行われました


マネックスグループ コインチェック 共同記者会見の様子をLIVE配信

一時間近くありますがざっと見ました。要旨は以下の通り、

記者会見要旨

・マネックスGがコインチェック株式を36億円で100%取得

・マネックスから社長を派遣(勝屋敏彦マネックスG取締役)

・CC和田社長、大塚取締役は取締役から退任、役員としては留任

・和田社長は執行役員としてエンジニアとして責務を果たしていく

・サービス再開&仮想通貨交換業登録は2か月程度を目標

・仮想通貨は今後も重要な資産クラスであるという認識

・将来的にはCCのIPO(新規株式上場)も視野に

・買収金額36億円は資産査定の結果で妥当という認識

・買収金額が安すぎとの指摘もあるがアーンアウトと呼ばれる手法でもともとの株主にも還元

・コインチェックブランドは継続

・匿名通貨(Monero、Dash、Zcash)の取り扱いは検討中

・NEMは引き続き取扱う予定

・マネックス社長の松本大さんは以前よりコインチェックのユーザー

・コインチェックより買収の打診

・コインチェックのブランドバリュー、顧客基盤、技術力を評価

個別に気になったところを見ていきます

買収金額について

36億円という金額を聞いたとき私も安すぎでは?と思いました

なんせNEMの補償金460億円を借金せず自己資本で捻出できるような企業ですから

コインチェック、NEM補償総額は約466億円に | ロイター | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

記者会見の際に財務情報を一部公開されましたが売上、利益の伸びが凄まじいです

2017年3月期の売上高772億円純利益4億円

f:id:sumatratora:20180407090742p:plain

(マネックスプレスリリースより筆者作成)

直近の2018年3月期(2017年4月~2018年3月)決算はまだですが、同プレスリリースに

※1 当社としては、コインチェックの 2018 年 3 月期末の純資産額(見込み)は、同社が 2018 年 3 月 12 日に実施した不正に送金された仮想通貨 NEM の保有者に対する補償後においても、2017 年 3 月期末の純資産額を下回らないと認識しています。

との記述があり従業員104名のベンチャー企業が460億円以上の純資産の積み上げをたった一年でできたということ。凄まじい収益力だと分かります

ただやはり今後のリスクとして

・果たしてその収益力が今後も維持できるのか?

ということが問題として意識されたと思います

コインチェックはまだ仮想通貨交換業登録の無い「みなし登録事業者」であり、今後の金融庁の出方次第では業務継続が難しく、廃業の可能性もある

その為今回上述の「アーンアウト」という手法がとられたようです

アーンアウトとは
「アーンアウト条項」は、コインチェックの21年3月期までの3年間の純利益合計額に対して2分の1を上限に追加で取得費用を支払う取り決めだ。米IT(情報技術)企業の買収などで、業績の予想について互いの合意が難しい場合、買い手と売り手でこうした契約を結ぶケースがある。

マネックスのコインチェック買収 36億円で済むのか :日本経済新聞

将来ちゃんと利益が出たら元の株主に還元するという条項を付けて買収するという手法のようです。プレスリリースにも記載がありました

f:id:sumatratora:20180407095640p:plain

これをつけることで通常の価格より安いと思われる価格での買収が決まったようです

ちなみに現在のコインチェック株主は以下の通り

※CC株主割合

 和田 晃一良 45.2%
 大塚 雄介 5.5%
 その他の株主 49.3%(法人 5 社、個人 1 名)

買収金額36億円とすると各人の取り分は

和田社長には16億2700万円

大塚取締役には1億9800万円 

プラス先ほどのアーンアウト条項による将来利益というところでしょうか

個人的にはこれほどのブランド力のある企業を立ち上げて、(多少の落ち度はあったとはいえ)世間からフルボッコにされて手にした金額としては安すぎるように感じます

ほんと悪いのは盗んだハッカーなんですけどね

流出仮想通貨NEM完売のお知らせ(闇サイトに乗せられたメッセージ)

23æ¥ç¾å¨ãåãµã¤ãã«ã¯éæ­£æ©æ°ãæ­æã«å²ã¾ããã³ã©ã¼ã¸ã¥åçã¨ãThank you!!!ãã®æå­ãæ²ãããã¦ãã

犯人は仮想通貨NEMの他の仮想通貨への交換を完了したうえ、捕まる見込みも立っていません

顧客資産をどう守るかは引き続き業界全体の大きな課題です

記者会見の印象

マネックス側は時折笑顔を見せるなど穏やか(余裕?)な印象

コインチェック側は固い様子だが以前より心なしか顔色が良くなった印象

マネックス側としては、割安な金額で仮想通貨事業への進出の足掛かりを得られ嬉しいし、コインチェック側としてもようやく肩の荷が一部降りたということなのでしょうか

ネットで「誰も損しない買収」なんて言われてましたが、個人的には苦労して創業した企業を売り渡す和田社長は内心かなり複雑ではと思います。

最後に記者に握手を求められましたが拒否してました

マネックス松本社長について

松本大 (実業家) - Wikipedia

マネックスG松本大社長について少し(ずっと「ダイ」さんだと思っていました…)

松本大(まつもとおおき)社長のここがすごい

・超名門進学校開成中学校・高等学校を経て東京大学法学部卒業

・米大手証券ソロモン・ブラザーズを経てゴールドマン・サックスに勤務。

・30歳で同社最年少のパートナー(共同経営者)に就任

・個人資産は株の時価総額だけで85億円

・2014年9月17日、15歳年下のテレビ東京報道局キャスター大江麻理子と結婚

絵にかいたような超エリートですね

仮想通貨交換業最大手「btiflyer」社長の加納さんもかつて平均年収5000万円超とも言われた米大手証券会社ゴールドマンサックスのトレーダー出身なのも有名な話

取締役紹介 - ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所 【bitFlyer】

仮想通貨業界もゴールドマンが牛耳るのでしょうか

 

まあそれはともかく個人的に超衝撃的だったのは金融マン御用達のテレ東の経済番組「WBS(ワールドビジネスサテライト)」の人気キャスター大江アナとご結婚されたこと

ablog.tv-tokyo.co.jp

結論だけ端的に申しますと超タイプでした。つらみ

出会いのきっかけもWBSでLineで相談に乗るうちにとのこと

このニュースで涙を飲んだ銀行マン、証券マンも多いはず

とりあえず年収5000マンを目指すしかないですな

今後の展開について

買収報道を受けマネックスGの株価は爆謄

市場は今回の買い物を「火中の栗を拾う」というより「良い買い物をした」と認識したようです

f:id:sumatratora:20180407110635p:plain

- 株価情報 | 株式・格付情報 | 株主・投資家情報 | マネックスグループ株式会社

気になるのはNEM流出事件に伴う今後の訴訟リスク

すでに15人の顧客が集団提訴の動きを見せています

jp.cointelegraph.com

個人的には口座開設前に確認が必要な利用規約サービスの停止による損害の責任は負わないと書かれているので(それが有効かどうかはわかりませんが)法律的にはコインチェック側が優位なのではと思います

コインチェック利用規約

f:id:sumatratora:20180407111413p:plain

https://assets-coincheck.s3.amazonaws.com/uploads/agreement/document/japanese_file/customer_04_coincheck_terms_of_service_20170731.pdf

今後どうなるかはわかりませんが、訴訟となったら弁護士費用などそれなりの対応をしないといけないので業務の不確実性が高まります

今後も注目して見ていきたいと思います

まとめ

・結果的には誰にとっても良い合併になったようで良かった

・証券会社のセキュリティ基準が導入されたコインチェックは使ってみたい

・苦難を乗り切った27歳社長は多分今後すごくなる

・本当に悪いのは誰かというのを忘れてはいけない

・億の資産と女子アナの嫁を持っても尽きぬ野心を

 

ではでは

 

 注:記事内容に関して、正確性保持のため細心の努力をしておりますが、本サイトの投稿する情報を参考にした行動に関して一切の責任を負うものではありません