Youtube本社襲撃事件 被害妄想的な犯行動機と女性が犯人の銃撃事件について

朝食中にテレビ見るのやめよ…

あまり普段テレビとか見ないのですが、

朝ふと付けたら食欲を失くすニュースが

jp.reuters.com

動画共有サイト「Youtube」本社に銃を持った女が襲撃し、複数名の負傷者が出たというニュース

容疑者の女は犯行後に自殺した。

イラン生まれのナシム・アフダム容疑者(39)は犯行前、自身のユーチューブアカウントで「私は差別を受けている。ユーチューブで制限が掛けられている」と英語で訴える動画を投稿していた。このアカウントは3日に削除された。 

遅めの朝のワイドショーだったのですが、事件の概要の説明の間、自称Youtuberの容疑者の作成したというビデオが背景で流れ続け、正直気持ち悪かったです


YouTube'a saldıran Nasim Aghdam kim? - DW Türkçe

テレビで出ていたのはよりサイケデリックでキモかったです

(容疑者があげていた動画は削除された模様)

別に身体的な特徴とか容疑者の主張が気持ち悪いという訳ではなくて、センスが完全に合わないなという印象です

たとえて言うなら新興宗教の洗脳ビデオLSD(合成麻薬)依存者の見るイメージのような感じ

「朝食時に流しちゃいかんやろ…」と思いながらキモすぎて途中で電源を切りました

その後見た感じ日本の報道ではそこまで新聞等の記載も少ないようですが、アメリカのニュースサイトでは犯人が女性でyoutuberと珍しいということもあり一面に近い形で大々的に取り上げられていました。トランプもつぶやいてましたね。

概要と気になったところをまとめました

女性自称YoutuberによるYoutube本社襲撃事件顛末

概要

発生日時、場所

4月3日午後1時頃(現地時間)

カリフォルニア州サンフランシスコ近郊サンブルーノ(いわゆるシリコンバレー)

A map showing San Francisco and San Bruno

http://www.bbc.com/news/world-us-canada-43635864

どのような襲撃だったのか

容疑者は、同市にあるユーチューブ本社で9ミリ拳銃を発射して3人を負傷させた後、警察が同社の敷地を取り囲む中で自殺

犯行直前に射撃場に行ったとも言われており、殺意を持って計画的に犯行に及んだ模様

被害

従業員3人が負傷、うち男性(36)が重体、女性(32)が重傷、もう1人の女性は傷を負いながらも容態は安定している

当時オフィスには約1100人が勤務

容疑者以外に死者が出なかったことが不幸中の幸いでしたね

容疑者

イラン生まれ同州サンディエゴ在住のナシム・ナジャフィ・アグダム(Nasim Najafi Aghdam)容疑者(39)

ちょっとマイ〇ルジャクソンみたい

職業などは現時点ではわかりませんでしたが、Youtuberみたいなことをしていたようです

容疑者の運営するサイトは現在アクセスできませんでした

f:id:sumatratora:20180405205938p:plain

www.nasimesabz.com

犯行の動機

どうやら「自分の動画がフィルタリングされ、そのせいで視聴回数が減った」(と思い込んでいた)というのが理由のようです

アグダムのウェブサイトの別の記述からは、YouTubeが彼女の動画に年齢制限をかけた問題に執着していたこともうかがえる。「この動画は視野が狭いYouTubeの社員のせいで年齢制限がかけられた。しかも、わたしのペルシャ語のチャンネルも制限されたし、動画はフィルタリングの対象になった。視聴回数を減らして抑圧して、動画づくりができないようにしたのね!」と書かれていた。

アグダムは、動物愛護やヴィーガニズム、デモ活動といった話題までカヴァーする数々の動画をYouTubeに投稿していた。また彼女は、YouTubeへの自分の投稿が「差別され検閲を受けた」との考えに執着していた。

4日の記者会見でサンブルーノ警察署長のエド・バーベリーニは、アグダムの主な動機が「YouTubeのポリシーと、その実施」に関して抱いた不満であると発表した。

YouTubeのポリシー変更が生んだユーチューバーの「怒り」は、いかに銃乱射へと向かったのか|WIRED.jp 

ヴィーガニズム:ベジタリアンの中でもさらに厳格な完全菜食主義

植物以外の可食物による主なベジタリアンの表
名前 動物肉・魚介類 乳製品 蜂蜜
オボ・ラクト・ベジタリアン ×
ラクト・ベジタリアン × ×
オボ・ベジタリアン × ×
ヴィーガン × × × ×

菜食主義 - Wikipedia

英デイリーメールによると、YouTubeが新たに運用し始めた規約が気に入らなかったらしい。アグダムは動物の権利保護を求める過激な活動家で、YouTubeを通じ自身の動画を公開していた。2017年1月に投稿したビデオで、自分のコンテンツが不当な「差別を受け、フィルタリングされている」と主張。その影響で、5000人以上いた視聴者数が減ったと不満を募らせていたと同紙は報じている。

ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

※太字、赤字は筆者

記事中のYoutubeのポリシー変更とは以下の通り、あんまりちっさいYoutuberまで広告費用を払ってらられませんよというもののようです

ユーチューブは1月に小規模クリエーターに対する収益化の受給条件を変更している。

このポリシー変更に伴ってYouTubeは、動画への広告掲載の条件をチャンネルの登録者数1,000人、そして過去12カ月の視聴時間の合計が4,000時間と厳格化した。それまでは利用開始から合わせて10,000回の視聴回数が目安だった。

この変更は、小規模なクリエイターたちが動画に広告を掲載するには、これまで以上に視聴者を増やすよう求められることを意味する。過去に物議を醸す内容の動画に広告が掲載され続けたことが問題になり、ポリシーの変更につながったという背景がある。

YouTubeのポリシー変更が生んだユーチューバーの「怒り」は、いかに銃乱射へと向かったのか|WIRED.jp

本当に恣意的なフィルタリングがされたのか動画が削除されている今は知る由が無いですが、個人的にはかなり被害妄想強いように思えます

単純にキモすぎて視聴が減ったのを運営のせいにしてるようにも…

個人的所感

事実関係がはっきりしていませんので断定的なことは言えませんが、仮に差別的な扱いを受けたとしても公共事業体でもない私企業がどんなサービスを提供するかはその企業が決めるべきことだし、そもそもどんな理由であれ人を銃撃していい理由にはならないと思います

大体ヴィーガンで動物愛護を主張していたのに人を撃つのはいいんかいという感じ

中年メンヘラの被害妄想で片づけていいかなと思います

何より被害にあわれた方と、とばっちりを受けるであろうイラン系、イスラム系の方々やウィーガンの人たちが気の毒です

女性の銃犯罪について

差別的な意図はないですが、銃撃事件、乱射事件の犯人と言えば男性が多いイメージというかほぼ男性のイメージ

実際のところアメリカで2006年から2017年の間で起こった銃乱射事件は350件以上ありましたが(多すぎ)、そのうち容疑者が一人でも女性だったケースは17件、さらにそのうち家族が犠牲になるケースと強盗目的以外のケースは2件だけだったそうです。

圧倒的に男性の犯行が多いことがわかります

1982年から2018年までの乱射事件の性別別割合

f:id:sumatratora:20180405232454p:plain

• Mass shootings in the U.S.: shooters by gender 2018 | Statistic

おそらく統計の方法が違うのでデータが先ほどと異なるようですが、こうしてみると圧倒的に男性が多い

多くの大量殺人は自身の問題に対処できなくなったり、助けを求めるのを躊躇ってしまった不平不満を抱いた男性により行われています。(シリー・ハムビー(臨床心理学者、スワニーサウス大学心理学教授))

Many mass killings are committed by men with grievances who stew over their problems and are reluctant to seek help, according to Sherry Hamby, a clinical psychologist and a psychology professor at The University of the South in Sewanee, Tenn.

プライド高くて頼ることもできず、にっちもさっちもいかなくなって爆発するように犯行に及ぶのでしょうか

多くの男性は(女性より)かなり大きく、重く、力が強いです。一般的にどんな形であれ被害者を圧倒していないと暴力的行為には及ばないものです。(同教授)

"Most men are quite a bit taller and heavier and stronger," Hamby said. "You can't perpetrate any kind of violence without overcoming your victim in some way."

このあたりも確かに。殺人の被害者にマッチョがいないのは、加害者が深層心理的にかなわないと思っているのでしょうか

男性が殺人を犯すとき、被害者が家族やそれに近しいパートナーである場合は20%以下であるのに対し、女性の場合はその割合が半分以上である。(ジェームス・アラン・フォックス(ノースイースタン大学犯罪学者))

When men kill, their victims are family members or intimate partners less than 20% of the time. For women, it's more than half, said James Alan Fox, a criminologist at Northeastern University.

男性はしばしば家族の大黒柱です。彼らはそれが出来なくなった時、心理的に苦しみがちです。男性にとって自身の価値を自分が何をしたかで決めています。一方女性は自身の価値を自分で何であるか、どのような友達、姉妹、母親であるかということで判断します。(同上)

"Men are much more often the breadwinner in the family. They also tend to suffer more psychologically when terminated," Fox said. "For men, they judge their self-worth by what they do. Women judge their self-worth by who they are and what kind of friend, sister, mother they are."

Mass shootings by women involve robbery, family victims

無職に対しての世間の風当たりが強い日本でもこのことは言えるのではないでしょうか

仕事で失敗したり、リストラされたとしても人生終わりじゃないのに、この世の終わりみたいに絶望してしまう人多いのではないかと思います

仕事だけ何か一つだけにわき目も振らず没頭する生き方も素晴らしいですが、長い人生、時には一歩引いて視野を広く持つことが人生に余裕を生むのかもしれませんね

まとめ

・朝のテレビは天気と猫の映像だけ流しててほしい

・メンヘラは黙ってそっと距離を

・殺人事件の被害者になりたくなければ筋トレ

・男の責任という名のセクハラ

・自分の主義信仰を他人に力で強要してはいけない

 

ではでは