シンガポール渡航前必要情報まとめ 基本情報、食事、観光名所、交通、治安など

いやですね。来週たまたま機会を頂きまして

シンガポールもといSingaporeに出張で行くことと相成りました。

英語どうしよう(^ω^)オワタ

なので基本内容のないブログですが来週は更にぺらっぺらの紙切れのような薄い内容になることが予想されますがご了承ください。

さて行くことが決まったといいつつも旅券以外はほとんど手つかずの状態なので、出発に当たり最低限必要と思われることについて調べてみました。

シンガポールとは

基本情報

f:id:sumatratora:20180310091832p:plain

拡大

f:id:sumatratora:20180310091926p:plain

さらに拡大

f:id:sumatratora:20180310092007p:plain

小さい…国土面積は世界175位で、東京23区とほぼ同じ広さとのこと。

人口密度世界第2位(7,697人/km2)(1位はモナコ公国)

ただ同じ面積で見れば東京23区(15,104人/km²)のが詰まっていますね

だいたい横浜市と同じくらい(8,348人/km²)やっぱり東京が人多すぎ

時差:1時間

フライト時間:およそ7時間

通貨:シンガポールドル(約81.06円 2018年3月10日現在)

チップ:文化として無し(少額は好まれる)

消費税:ほとんどの支払い時にGSTと呼ばれる消費税が7%加算

ビザ(査証):観光,商用を目的とした旅行かつ3か月以内の短期滞在は不要

気候

乾季のない熱帯雨林気候 (Af)

赤道直下に位置するため、一年を通じて高温かつ多湿

北東モンスーンの影響により、11月から3月にかけて降水量が多い

年平均気温は27.4度(東京15.4度)

年平均降水量は2087.1mm (東京:1528.8mm)

f:id:sumatratora:20180310092534p:plain

シンガポール - Wikipedia

見事に年中まっかっか。ジャケットいらんわ。クリーニング出さなければよかった。

物価

ホテルでの食事:日本と同等かそれ以上

ただしローカルエリアでの食事はかなりリーズナブルとのこと

シンガポール人は家族形態に関わらず基本三食外食らしい。共働き世帯国家。

Hawker(ホーカー)と呼ばれる屋台街が国内に100カ所以上あり、インド料理中国料理、タイ料理など世界各国の様々な料理を一食300~500円程度で食べれるらしい。ローカルフード大好き人間としてはこれは嬉しい。

ホーカーの様子

Slide1

reDSCN1645

https://www.abroaders.jp/article/detail/117

観光名所について

ロンドン、パリ、バンコクに次いで、世界で4番目に外国人旅行者が多く訪れる都市とのことこれは期待できるのでは?

マーライオン

f:id:sumatratora:20180310095840p:plain一番有名な観光名所ですが世界三大がっかり観光名所としても名高い

ちなみに他は

ブリュッセルの小便小僧

「60センチと小さい」「その辺の公園にあるのとさして代わり映えしない」など

コペンハーゲンの人魚姫

「場所自体たいした絶景でもなく背景に工場の煙突が見え、美しくない」など

f:id:sumatratora:20180310100607p:plain

そしてシンガポールのマーライオンとのこと

なんでも以前は川の河口付近にあり写真映えがしなかったのとポンプが故障し水を吐かなくなっていた時があったらしく「がっかり」と評されていたとのこと

しかし!最近設置場所を移動して写真が撮りやすくなったそうです

File:Merlion and the Singapore Skyline at Night.JPG

File:Merlion and the Singapore Skyline at Night.JPG - Wikimedia Commons

確かにバックの夜景がきれいですね。絶対行こ。

ちなみにシンガポールは何かとマーライオン押しで全部で7体あるらしいのですが

f:id:sumatratora:20180310102502p:plainf:id:sumatratora:20180310102729p:plain

http://4travel.jp/overseas/area/asia/singapore/singapore/kankospot/10162321/

まあ、僕は結構です。一体見れば十分です。遠慮しときます。

マリーナベイサンズ

f:id:sumatratora:20180310103025p:plain

マリーナベイ・サンズ - Wikipedia

世界有数の特徴的な形をしたホテル。絶対行く。

概要

・500のテーブルと1,600のスロットマシーンが並ぶ、単独としては世界最大のカジノを中心に、2,561室のホテル、12万平方メートルのコンベンションセンター、7万4千平方メートルのショッピングモール、美術館、シアター、グラスパビリオンなどを含んだ複合リゾート

・総工費80億シンガポールドル(約6491億円

・3棟のホテルは屋上にある1ヘクタールの空中庭園「サンズ・スカイパーク」で連結

・屋上プール(150m)は世界一高い場所にあるプール(地上200m)

f:id:sumatratora:20180310110411p:plain

https://jp.marinabaysands.com/#jcILyhzhDb80TZpK.97

プールだけかと思ったらレストランやテラスもある庭園なんですね。

インフィニティプールf:id:sumatratora:20180310110952p:plain

https://jp.marinabaysands.com/sands-skypark/infinity-pool.html#UmE4xWeV7er1yhh7.97

最高かよ…超行きたいと思いましたが宿泊者限定とのこと。

しょうがないな一泊位調整して…

今みましたら滞在期間中一番安いのが

プレミアルームS$ 459.00(約37,208円

まあ目ん玉飛び出るほど高いわけでもないけれども消費税(7%)サービス料(10%)が加算されるらしくトータルでは40000円以上する模様

アラサーのおっさん一人がおしゃれなプールでくつろぐ対価としては高いですな

また今度にしよう。。。てかまず誰か一緒に行く人見つけな…(´・ω・)

ちなみに一番高いのはチェアマン(会長)スイート

・オンラインで予約できずメールのみ

・53階または54階のお部屋で、これらの階には二つずつしか部屋がない

・値段、公式サイトに載ってなくちょっと探しましたが、S$17,000

約137万円

Top 5 most expensive rooms and suites at Marina Bay Sands – backpackerlee 

もちろん一泊です。一泊137万( ^ω^ )

f:id:sumatratora:20180310113345p:plain

https://jp.marinabaysands.com/hotel/rooms-suites/chairman-suite.html

わーいグランドピアノがあるよー

よしプールはあきらめよう

展望デッキならまあ比較的リーズナブルに行けそうです。

料金
大人23シンガポールドル(約1864円
子供17シンガポールドル(2歳~12歳)
シニア20シンガポールドル(65歳以上)
2歳未満のお子様は入場無料

おしゃれなルーフトップバーもありますが

f:id:sumatratora:20180310115635p:plain

CÉ LA VI - 東南アジア屈指の高級なエンターテイメントの総合施設

f:id:sumatratora:20180310115725p:plain

グラス最低24シンガポールドル(約1,945円)か….うんまあまあ…

あと注意書きが

ディナーは 1名様あたり80シンガポールドル(約6,485円)(税、サービス料別)以上のご利用が必要です。

よしもう十分分かった。また金貯めて来よう(泣)

交通情報

シンガポールの交通手段は4つ

MRT(電車)
タクシー(TAXI)
Uber(ウーバー) 
路線バス 

日本の地下鉄と同じMRT

・安くて便利

・主要なほとんどの観光名所には駅が隣接

・無人走行、自動改札

・飲食禁止(飲み物もダメ)、ドリアン持ち込み禁止

・チケットには3種類

 ①スタンダートチケット(Standard Ticket)

 ・自販機で購入、6回まで繰り返し使用可能 

 ②ez-linkカード

 ・日本でいうSuicaやPasmoのようなICカード

 ・MRTとバスで使用可能、地下鉄の駅で購入

 ・カード代5ドル(約400円)と運賃代7ドル(約560円)

  の合計12ドルがまず必要

 ・自動販売機でチャージ

 ・カード代5ドルは後で返金されない為、短期間の旅行者には向かない
 ・一定の残額がないと(MRTの場合は乗車改札時に残額がS$3以上、

  バスの場合は当該乗車バスの終点までの運賃相当額以上)

  利用できなくなる

 ③シンガポール・ツーリスト・パス(Singapore Tourist Pass)

 ・ezlinkカードの旅行者版。有効日の終電まで有効

 ・期間中MRT、路線バス乗り放題

 ・1日券(20ドル)、2日券(26ドル)、3日券(30ドル)の3種類。

 ・MRTのオフィスで購入可能

 ・10ドルのデポジット込み。購入日から6日以内に

  チケットオフィスで返金可

参考料金

1駅の料金:約1.4ドル(約113円)
10駅の料金:約2.1ドル(約170円)

タクシー(TAXI)

・料金体系は日本と同じ(初乗り料金+移動距離に応じたメーター料金)

・安くて乗り易い分、乗客も多く、市内では中々タクシーをつかまえられない

・場所によっては追加料金

・ホテルロビー前での乗車などで特別運賃が3ドル程加算される場合有

参考料金

初乗り:3ドル(約243円)
メーター(1キロ):0.55ドル(約44円)(深夜料金:25~50%加算)

タクシーめちゃ安いではないか!

Uber(ウーバー)

日本では白タクとして認められていませんが、ライドシェア(相乗り)サービスとして世界的に急速に普及しつつあるサービス。時価総額は未上場にして10億ドルを超え民泊サービスAirbnbとともに「ユニコーン企業」の一つ。

21世紀に生きるものとして絶対使ってみたいサービス。

これはぜひ実際乗ってレポします。

路線バス

路線バスの参考料金(バス会社は各種あるが、料金はほぼ同一)

利用方法が若干難しい

乗降の流れ

①目的のバスが来たら、手を挙げて合図し前方の入口より乗車
②ez-linkカードをかざす。カードがない場合は現金支払い
③降車のバス停が近づいたら、降車ボタンを押す

注意事項

※現金払いはお釣りが出ない

※乗車と降車両方でカードをかざす

※次のバス停の車内アナウンスや電光掲示板がない

※降車ボタンが押されないとバスは止まらない

土地勘がないと難しそうですね…

参考料金

1ドル~2.5ドル(約81~202円)程 安っ

危険情報

私今まで海外で危険な目こそありませんが、ぼったくり客引きには数知れず会ってきましたので、事前に情報を仕入れねば。

治安

Global peace index(世界平和指数)

f:id:sumatratora:20180310132627p:plain

国の安全度の指標としての世界平和指数ではシンガポールは21位にランクインしています。日本ほどではないにしてもかなりいい部類です(日本が良すぎる)

シンガポールは安全な国と思われがちですが,市内のレストランやショッピングセンター,路上あるいは空港等でも,置き引き及びスリが頻発しており,パスポートや金品の盗難被害に遭う日本人旅行者が後を絶ちません。また,日本人が深夜路上で凶器を突きつけられ金品を奪い取られる強盗被害も発生したことがあり,警戒が必要です。

海外安全ホームページ: 安全対策基礎データ

まあ日本でも気を付けるべき置き引き、スリ、貴重品管理はしっかりして、危ない場所にフラフラ行くなということでしょう。

そんな危ない場所

名前が良く上がったのが以下の2エリア

リトルインディア

https://skyticket.jp/guide/197929

・名前通りインド系の人々や外国人労働者でにぎわいを見せる観光地

・治安が良くなく、2013年末にはインド人労働者が中心となり暴動が発生

・殺人事件がたまに起き、シンガポール人の中には近づかない人も多い

・週末はシンガポール中からインド系労働者たちが集まり非常に混雑する

・労働者は男性ばかりなので女性は危険

・人気のお土産スポットであるムスタファセンター(写真下)

 などでも、スリが横行

リトルインディアの場所

f:id:sumatratora:20180310134927p:plain

ゲイラン地区

・シンガポール版歌舞伎町

・シンガポール政府公認の風俗街

・夜の女性だけの観光は厳禁「HOW MUCH?(いくら?)」

 声かけられる可能性

・ドリアンのおいしいお店や、安い屋台も多い

・宿が安いがセキュリティが弱い(一泊1000円~)

・日本人が夜は結構いるらしい

・「見るだけ見るだけ~(日本語)」

ゲイラン地区はかなり広いが、上記のアブナイ地域はアジュルニード(Aljunied)駅周辺とのこと

f:id:sumatratora:20180310135218p:plain

日本人が多いとは全くけしからん奴らやな。同じ日本人として恥ずかしい。

私はそういうの全然興味ないですけどまあ一応ね、治安のね、情報としてね

頭の片隅にはいれて置こうかなーくらいには調べておきますか

だってさちょっと曲がるとこ間違えてフラッと入っちゃったら大変じゃない。念の為、うん念の為(´・ω・)

 

他のこともまた調べたら追記します。

何かの参考になれば幸いです。

ではでは

 

注:記事内容に関して、正確性保持のため細心の努力をしておりますが、本サイトの投稿する情報を参考にした行動に関して一切の責任を負うものではありません