春と花粉と投げやりな恋 花粉症について

春ですね。

オフィスのスタバの桜ラテは早くも売り切れらしいですが、

誰がなんと言おうが春です。てりたまの季節じゃないかこんど買お

話がそれました。あの季節です

ふざけるのもいい加減にしてください。

花粉ですよ花粉

f:id:sumatratora:20180307070335p:plain

https://www.ssp.co.jp/alesion/forecast/

ここもと大いに舞っているそう。杉どころか人も普段生息していない東京都千代田区においても非常に多いそうで、室内でも目がしょぼしょぼします。かゆくてしょうがない。今までそんなことなかったのですが急にきましたね。

鼻セレブタワーマンションが構築されている向かいの人よりかはましでしょうがそれでも仕事に支障が出る程度にはあります。目薬を買いに行こう。

 

根っからの文系なので知識はあまりないですが、中学理科で花粉は雄花から雌花への受粉活動の一環で散布されるものとは聞いた覚えがあるような。

なんだと人が花粉と上司の加齢臭に苦しんでいるときに木の分際で「生殖活動」に勤しんでいるだと。到底看過できないな。責任者を出せ。

ということで花粉症について調べました。

花粉症とは

・概要

Ⅰ型アレルギーに分類される疾患の一つ。植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされ、発作性反復性のくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な症候群のことである。日本においては北海道の大半と沖縄を除いてスギ花粉が抗原となる場合が多い。https://ja.wikipedia.org/wiki/花粉症

※アレルギー:免疫反応が特定の抗原(アレルゲン)に対して過剰に起こること

       外来の異物(抗原)を排除しようとする生理反応

・三大症状と特徴

 「くしゃみ」:続けて何回も起こることが特徴

 「鼻水」:風邪の時と違い、透明でサラサラ

 「鼻づまり」:鼻の粘膜の腫れにより、鼻の通り道が狭くなる

・患者数:日本人の約25%(四人に一人

 ・内スギ花粉症:日本人だけでおよそ2500万人

・原因物質:約60種類の植物が花粉症を引き起こす 

ほぼ年中花粉は飛散しているそう。絶望。

f:id:sumatratora:20180307060145p:plain

https://www.ssp.co.jp/alesion/hayfever/plant/

そもそも花粉とは

https://ja.wikipedia.org/wiki/スギ花粉症

ああああ見たくない。

花粉(かふん)とは、種子植物門の植物の花の雄蘂(おしべ)から出る粉状の細胞。花粉がめしべの先端(柱頭)につくことにより受粉が行われる。種子植物が有性生殖を行う際に必要となる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/花粉

ほらやっぱり生殖活動じゃないか。しかも雄花からだと?

それはもう人で言うところの…

f:id:sumatratora:20180307063951p:plain

ちょっとホームセンターでチェーンソー買ってくるわ

日本のスギ花粉症みたいな劇症的なアレルギーは世界の他の地域ではみられていないそう。

やはり責任者が存在するようです。

責任者は戦後の農林水産省

スギは日本の固有種らしいのですが、森林面積の約18%とかなりの割合を占めています。それには戦後の植林事業が関係しているそう。時系列で並べます。

~第二次世界大戦後~

復興や都市開発などで木材の需要が急速に高まる

国内木材の供給量が不足

農林水産省が拡大造林政策をとる。その一環として、

各地にスギやヒノキなどの成長率が高く建材としての価値が高い

樹木の植林や代替植樹を大規模に行う

産業の高度化により日本の林業が衰退

&外国からの質が良くて安い輸入品が流入

国内スギの需要が低迷、スギの個体数が増加

更に都市化により土地が土や草原からアスファルトやコンクリートなどの

花粉が吸着・分解されにくい地盤となり、一度地面に落ちた花粉が風に乗り

何度も舞い上がって再飛散するという状態が発生

 ↓

1960年代後半から花粉生産量の多い樹齢30年以上のスギ林の面積が広くなり始め、

1970年代に入り患者数が急増…。

 

 

典型的な官僚の政策の失敗ですね。

経済性の高い植物を植えたつもりが国民の不利益になるっていう。

あ、でも花粉症ビジネスが盛り上がるのか…

 

私と同様に農林水産省に責任があると感じた(っても当時の人はもういないでしょ…)クレイジーな質問者が農林水産省、林野庁に直球質問を送っていましたので引用します

Q6:スギ花粉をなくすために、日本中のスギを伐採すればよいのではないですか。
スギ林は、木材資源であると同時に、国土の保全や地球温暖化の防止、水源のかん養等の多様な公益的機能を有しています。これらの公益的機能を持続的に発揮させるためには、一度に伐採して植林を行うことは好ましくありません。このため、森林・林業基本計画に基づき伐採された森林について、順次少花粉スギの植栽や広葉樹の導入などの多様な森林整備を行うことにより、公益的機能を維持しつつ花粉の少ない森林への転換を進めていくことが必要と考えています。

特に、地球温暖化防止の観点からは、スギは最も成長量が大きく、二酸化炭素の吸収量が多い樹種のひとつです(下表参照)。

例えば50年生のスギ人工林では、1ヘクタール当たり約170トンの炭素を貯蔵しており、1本当たり1年間に平均して約3.8kgの炭素(14kgの二酸化炭素)を吸収したことになります(岐阜県の収穫表に基づく試算)

http://www.rinya.maff.go.jp/j/sin_riyou/kafun/qanda.html

まあ人間の都合で勝手に植えられて人間の都合で切り倒されたらたまったもんではないですわな。頑張って働いているのに。

最後のフロンティア

北海道と沖縄ではスギ花粉症患者は少ないらしい。
理由として上記の植林は北海道と沖縄では行われなかったからとのこと。

事実北海道はスギ花粉症患者は日本一少ないらしい。

やった北海道に逃げるしかない!
でも通年性アレルギー性鼻炎の患者数は一番多いとのこと。さすが野生の大国。

鹿児島県の奄美群島は療養や保養目的の花粉症患者の誘致を進めているらしいです。

ご興味のある方は是非どうぞ。 

花粉症対策

当たり前すぎてあれですけどアレルギー反応なので薬でアレルギーを抑えるのが王道のようです。その際はエスエス製薬のアレジオンをぜひどうぞ(色々参考にさせて貰っちゃったので)(ステマ)

www.ssp.co.jp

薬のほかに腸内環境を整えて免疫力を正常に保つために

・ヨーグルト、納豆、チーズ、キムチ

などといった発酵食品も効果的な模様。

炎症の起きている鼻の粘膜をレーザーで焼くという力技もあるらしいですが効果が定かでないのでおすすめできません。我慢ならない方はぜひどうぞ。

まとめ

・今年は特に花粉が多いそう

・スギは受粉してくれるならと片っ端から声もといかけるなんて

 投げやりな恋愛をせず、誰か一人に一途な恋をしましょう、てかしてくれ

・今の役人を前任者の失態を責めて困らせるな

・我慢ならなければレーザーで焼け

  ※責任は負いかねます

ではでは