2月仮想通貨暴落の本命理由? 疑惑の仮想通貨「Tether(テザー)」まとめ

仮想通貨の話ばかりで申し訳ないですが、3日になっても仮想通貨価格の下落が止まりません。1BTC=80万円近くまでつけた後少し戻りましたが、回復の気配は見えません

ビットコインチャート(円建て)

f:id:sumatratora:20180203152215p:plain

ビットコイン販売所

f:id:sumatratora:20180203152325p:plain

出所:bitflyer(2018年2月3日時点)

ビットコイン以外のコイン(アルトコイン)に関してはより下げ幅が大きく、個人投資家にここもと人気だったRippleや友人が激推ししていたCardanoなんかもかなりきつい下げに見舞われています。あいつ大丈夫かな?後でLineしとこ。

 

f:id:sumatratora:20180203151605p:plain

出所:https://www.coindesk.com/red-tide-double-digit-losses-sweep-crypto-asset-market/

先日も少し触れましたが「なぜこんなにもキツイ下げが起きたのか?」という点に関して、個人的に一番大きな理由ではないかとみているのが、仮想通貨「Tether(テザー)」に関する疑惑の件です。

今回もう少し詳細につき深堀してみました。

特殊な仮想通貨「Tether(テザー)」とは

f:id:sumatratora:20180203165122p:plain

どんな仮想通貨?

時価総額:約2400億円第16位 2018年2月3日現在)

発行元:Tether社(本社香港)

通貨単位:USDT

現在値:1USDT=約109円

f:id:sumatratora:20180203154932p:plain

出所:https://coinmarketcap.com

大手取引所でも取り扱いのあるイーサクラシックより時価総額上なのですね。

次はその特徴

特徴:レートが米ドルに連動

つまり1USDT=1USDになるように設計された通貨ということ

なぜそんなものがあるのか?そのまんま米ドルでいいじゃん。という疑問が当然あると思いますがそれにはいくつかの理由があります。

①価格の乱高下が激しい仮想通貨の退避先としての需要

最近では日本でもビットコイン払いを受け付けるお店が増えてきていますが、価格が一日に10%、20%も乱高下するものをそのまま持っていたくない。確実に寝つきが悪くなる。

ただ法定通貨の米ドルに換えると法律とか税金とかいろいろ面倒。少額だと手数料もバカにならない。そこで一旦テザーに換えて持っていようという需要が生まれる。

また銀行預金口座は持ってないが本人確認の緩い仮想通貨口座なら持てるという人も世界には多い。そのような人たちの安定資金の置き場にもなっている。

その安定性を支えているのが銀行預金の裏づけ

1USDTを発行するときテザー社の銀行預金口座にも1USDが入金されている、とのこと。つまり現金の裏付けをもとに発行しているので安心して買えるとのこと。この点後でも触れます。

f:id:sumatratora:20180203165323p:plain

出所:https://tether.to

②送金手数料が安い

通常の米ドルなどの通貨を個人間でも、国家間でも送金する時、結構な手数料を取られるのはご存知の通りです。テザーはビットコインと同じブロックチェーン技術で管理している通貨で、通常のシステムでの送金よりも格安で送金が可能になる。海外の取引所とかを使う際、送金が便利になる。

③中国人の抜け道としての利用

かつてビットコイン取引の90%以上を占めていたのは中国でしたが、2017年10月に中国の取引所は全面閉鎖されました。さすが一党独裁国家。スピード感が違う。

www.nikkei.com

行き場のなくなった中国マネーの受け皿となったのがテザー

香港や韓国の取引所で一旦テザーを買い、それをビットコインなどに替えれば、当局の目を盗んで他の仮想通貨が売買できるという。テザーはレートが米ドルに固定されているため価格変動が小さく、投機性が小さいとして当局からにらまれにくい。取引方法も個人と取引所との相対取引を用い、記録が残らない手段が取られているようだ。

 出所https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26403400R00C18A2000000/

要は中国元で価格変動の激しいビットコインを直接買うのは危ないから禁止するが、価格がほぼ固定されているテザーならまあいいでしょうということなんでしょうか。結局そこからビットコインに行っているようですが…

ビットコイン取引量通貨別割合(2018年2月3日現在)

f:id:sumatratora:20180203173617p:plain

出所:https://www.cryptocompare.com

日本円が42%と圧倒的なのはご存知の方も多いと思いますが、USDTも8.82%とユーロより多く3番目に取引量が多い通貨となっています。

 

このように他の仮想通貨には無いメリットもあり多くのお金を集めていたテザーなのですが、現在二つの疑惑を持たれてその通貨としての存亡の危機に立たされています。

Tether(テザー)を取り巻く黒い疑惑

米国大統領直轄の政府機関米国商品先物取引委員会(CFTC)は昨年12月6日にテザーと仮想通貨取引所最大手ビットフィネックス召喚状を送付したとのこと。

 

ビットフィネックス(Bitfinex)は初めて出てきましたが、香港の取引所で、米ドル建てのビットコイン取引量世界一位。そしてテザーとは最高経営責任者(CEO)、最高執行責任者(COO)、最高戦略責任者(CSO)、最高コンプライアンス責任者(CCO)、そして法律顧問といった経営トップが同じ。ほとんど同じ会社ですね。

 

ビットコイン/米ドルの取引量取引所ランキング(2018年2月3日現在)

f:id:sumatratora:20180203154845p:plain

出所:https://www.cryptocompare.com

疑惑は以下の二つ

疑惑1.価格の裏付けとしての米ドルを持っていないのでは?

中央銀行でもない政府保証もないテザーの価格が安定していたのはその銀行預金の裏付けがあるとされていることによるもの。約2400億円の時価総額であるならば当然同額の銀行預金が存在していなければならない。

 

テザー社HP「透明性の更新 資金の証明(Transparency update Proof of funds)」

f:id:sumatratora:20180203181651p:plain

出所:https://tether.to/

ホームページにちゃんと現金持ってますよという開示文章みたいのがあった(9月なのでちょっと古い、、)ので確認したのですが、御覧の通り取引銀行のところが超黒塗り(私が塗ったわけではないです。)どっかの国の官僚文章みたいですね。これは確かに本当に持っているか疑わしくもなります。

昨年春には台湾銀行や米大手銀行ウェルズ・ファーゴがテザーとの取引をやめることを発表し、帳簿のチェック役の監査法人フリードマンLLPも正式な説明もなく関係を打ち切ったとのこと。ますますきな臭いですな。

jp.cointelegraph.com

同社の広報担当はコメントを控えているとのこと。

疑惑2.ビットコインの価格操縦しているのでは?

もし米ドルの裏付け無しにテザーを発行していたとしたら、理論上いくらでもお金を発行できるということになる。まさにカオス

前々からその疑惑は持たれていたそうで、他にも色々噂が絶えない企業だったそうですが、2018年1月24日に匿名のレポートが発表されてその疑惑に火をつけました。

今回発表されたレポートは、新規テザー発行前後のビットコイン価格のボラティリティを分析し「昨年3月29日から今年1月4日までのビットコイン価格の上昇のうち48.7%は、91回にわたる新規テザー発行直後の二時間以内に起こっていると結論づけている。これらUSDT発行後の「2時間」を積算すると、この期間の取引時間の3%に満たないという。さらに、世界中の仮想通貨取引所における「自然な取引データによるグラフ曲線からの極端な逸脱」を根拠に、複数の取引所にわたる市場操作の可能性を指摘している。

 出所:https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-price-linked-to-usdt-issuance-anonymous-reports

レポート原文(http://www.tetherreport.com

 要はグループのビットフィネックスと組んで裏づけの無いテザーを大量発行して、価格を吊り上げていたのではないか?という疑惑のようです。

これが本当であったならテザーの価値も暴落、大手取引所からの資金の引き出し騒ぎのみならず、仮想通貨の信頼性に傷がつく重大な事態になる可能性があるかと思います。

 

一刻も早い正確な情報の開示が待たれるところです。

ではでは

p.s.書いている間にちょっと戻しました(笑)もうやだ何このボラ

 

注:記事内容に関して、正確性保持のため細心の努力をしておりますが、本サイトの投稿する情報を参考にした行動に関して一切の責任を負うものではありません