コインチェック(Coincheck)ハッキング騒動影響まとめ(仮想通貨NEM不正引き出し)

ヤバいです。

これはシャレにならない。

 

仮想通貨取引所大手にして、

今ほんとに知名度、勢いともにトップクラスだった

「コインチェック(Coincheck)」が外部からのハッキング被害に合い、

約580億円分の仮想通貨が流出したとのこと。

私の周りは私も含め仮想通貨を保有しているものが多いのですが、

使っている取引所は取り扱い通貨の多さスマホアプリの使いやすさ

コインチェックが圧倒的に多かったです。

f:id:sumatratora:20180127071347p:plain

出所:コインチェックHPより

 

思い出されるのは2014年の「マウントゴックス事件」

当時世界最大級のビットコイン取引所だった同社が

ビットコインのハッキングを受け、被害金額は約470億円

今回それを上回る巨額被害額となる見通し

 

取り急ぎ現状の各所の反応をまとめます。

 

不正引き出しの影響

ネット含め界隈は大荒れの模様です。

 

渋谷本社前

渋谷の本社前には投資家、マスコミ殺到の模様。

www.businessinsider.jp

 

26日16時33分ごろより日本円を含めたすべての取扱通貨の出金を一時停止しているので、仮想通貨持っていなくても売買資金を預けている人は気が気じゃないでしょう。

 

Wikipedia

検索したら改変させられていて笑った、これはひどい。

f:id:sumatratora:20180127055947p:plain

 

twitter

CMに出演した出川さんに批判が集中。

仮想通貨取引所がハッキングされるとマウントゴックスをもじって

「GOXした」なんて言われていましたが、

今回の事態を受け「DEGAWA」なんて言葉も生まれたらしいです。

ヤバいよヤバいよ。とばっちりだよ。

 

被害金額(約580億)がスカイツリーの総工費に匹敵し、

一夜にしてスカイツリーが消し飛んだなんてツイートも。

(ちなみ実際の総工費は650億)

 

仮想通貨市況

内容としては仮想通貨の一種である「NEM(ネム)」

顧客預かり資産のほぼ全額が不正に外部に送金されたとのこと。

bitcoin含め軒並み下落しております。

f:id:sumatratora:20180127062321p:plain

f:id:sumatratora:20180127062439p:plain

出所:https://coinmarketcap.com

10番目が今回被害にあったNEMですね、時価総額10位となっています。

下落率11.86%と際立っていますね。

 

被害者への影響について

手元の資金や、現預金の流動性については社長の和田氏は、

株主と公表するか検討するとのこと。

 

ていうかあんたが株主やん。

社長と担当役員で過半数の株式を保有しているとのこと。

ベンチャー企業は得てして創業社長が株式を持っています。

 

財務を公開し、多少の資金余力があったとしても、

資本金9200万円、社員数71人(同社HPより)の小さな会社が

580億もの資金を手当てできる余力は無いでしょう。

 

ユーザーにしわ寄せが来る可能性が極めて高いと思われます。

(すでに通貨下落で影響は出ていますが)

 

NEMのことコインチェックのこともう少し調べて別でまとめてみたいと思います。